Oラインとは、お尻の穴の周りの部位を指しています。デリケートゾーンともいわれるVIOラインのお手入れは、見た目の美しさを求めるだけでなく、衛生面でも良い効果が期待できるものです。

デリケートゾーンは体の中でも皮膚の弱い部分で、蒸れなどによってかぶれてしまったり臭いが気になるというトラブルも起こりやすいです。

Oライン脱毛時の体勢

デリケートゾーンのトラブルにOライン脱毛が効果的

デリケートゾーンのトラブルについては、蒸れを解消することがとても重要になります。蒸れの解消にはムダ毛のケアが最も効果的です。

そのためにも脱毛を行う人も非常に多い部位です。Oライン脱毛をするときに気になるのが、お手入れ時の体勢についてです。

施術用ベッドとショーツの着用

サロンによって多少異なりますが、基本的には施術用のベッドに横になって、足を軽く開いた状態で行います。

サロンによって、下着を何もつけないケースと、専用の紙ショーツなどの着用を指示されるケースがあります。女性同士であっても、Oラインのお手入れ時の体勢が恥ずかしく感じる人も多いです。

女性専用のサロンで安心

しかし、何度か通っていくうちに慣れてくるので、最初は恥ずかしく思っていても心配はいりません。脱毛専門サロンの多くは女性専用なので、男性が入室してくるなどの心配もないので、安心してお手入れに通うことができます。

美容皮膚科などでのお手入れの場合には、受付や待合室で男性と一緒になる可能性もありますが、更衣室などは女性のみのスペースとなっている場合が多いです。

しっかりと指示された体勢をとることで、スムーズなお手入れが行えます。

Oラインの脱毛で濃くなる可能性

Oラインの脱毛によって毛が濃くなる可能性は一般的には低いといわれています。毛が太くなる症状のことを医療専門用語では硬毛化といいます。

硬毛化の原因

この硬毛化が発生する原因はいろいろとありますが、実際には脱毛の下準備としてカミソリなどで産毛を剃り落とした際に、毛の断面が出てきて、そのせいで太く見えてしまうということが多いのです。

そして、この硬毛化が起きやすい体の部位というのは、上腕の外側や背中、胸元の毛、手の甲や手指、顔まわりといった、毛が細くて色素も薄い産毛の箇所に多く発生するといわれています。

Oラインの毛は太く色素も濃い

Oラインが脱毛によって毛が濃くなる可能性が低いといわれているのは、元々Oラインに生えている毛が太く色素も濃いからというわけです。

実は硬毛化の原因というのは、まだ医学的にも完全には解明されているわけではなく、医療用のレーザー脱毛器具やエステの光脱毛で硬毛化が発生したという事例も数多く報告されています。

硬毛化の治療

この分野の研究は長年続けられているものなので、今後も一朝一夕で解明されるということは難しいことだと考えられます。

しかし、レーザーの出力を調整することで硬毛化を治したりする技術の開発など、治療法自体は確立されてきていますので、一度硬毛化が起きたからといって不安になる必要はないので安心しましょう。

このサイトでは、医療レーザー脱毛の施術をしてくれるお店も含めたOライン脱毛におすすめのクリニックやサロンを紹介していますので、参考にしてみてください。

低価格なのに効果抜群!今1番人気のOライン脱毛サロン特集

結婚式の予定があるならOラインの脱毛を

結婚式ではウェディングドレスを着用するので、腕や足にムダ毛が生えている方は、真っ白なドレスを着たときに目立たないよう、事前にエステサロンへ行って脱毛する方が少なくありません。

自己処理でツルツルの肌にするのは難しいですが、サロンの光脱毛なら、どれだけ毛深い方でも、ムダ毛の一本も生えていない綺麗な肌になれるので、早めにブライダルエステの予約を入れて、ケアしておくようにしましょう。

結婚式前にムダ毛は全て処理しましょう!

サロンの光脱毛で腕や足がツルツルになったとしても、普段誰にも見せないOラインはそのままにしている方が多くいます。

しかし結婚式当日は女性がもっとも輝く瞬間なので、気になる個所にムダ毛があれば、すべて処理しておいた方がよいでしょう。

Oラインの脱毛は、場所が場所だけに痛そうですが、サロンのマシンは肌に優しい設計になっているので安心です。ほんの少し、熱を感じることはありますが、痛いというほどではないので気軽に受けるようにしましょう。

サロン選びをするなら人気があって技術が高いところにしよう

結婚式の予定が入るとすぐにOラインの脱毛を申し込んだ方が良いですが、あまり人気のないサロンに行くと、ムダ毛を完璧に取り除けない可能性があります。

だからといってまた別のサロンに通うのは嫌でしょうから、最初から人気があって、技術が高いところを選ぶことが大切です。

脱毛当日の飲酒について

若い世代を中心に人気がある脱毛ですが、最近では専門のエステサロンやクリニックで施術を受ける方が年々増加しています。

この理由は専門サロンやクリニックではプロの方が丁寧な施術を行って下さるので、トラブルが起きるリスクがほとんどなく手間もかかりません。

これに対して、自己処理を続けることは肌への負担を大きくしてしまうため肌トラブルが起きやすくなる上に自己処理にかかる時間もかかるため手間がかかります。そのため、プロにお願いする人が増加しているのです。

ですが、プロによる施術が自己処理に比べてトラブルが起きるリスクが少ないと言っても施術を受ける上で注意しなければいけない事柄もあります。その中でも飲酒について説明しようと思います。

当日に飲酒をすると脱毛箇所にかゆみが生じる可能性があります

基本的にプロの方は脱毛の施術を受けた当日は飲酒は避けるようにお客さんに勧めています。この理由はお酒には血管を拡張する効果があり、血流がよくなります。

血流が良くなることで施術を行った箇所にかゆみが生じる可能性が高いからです。

そのため脱毛を行った当日だけは、飲酒を避けて頂くことで施術後のデリケートな肌へのダメージを少なくするようなアドバイスを行っています。

このように、プロの方は専門の知識が豊富でより体へ負担が及ばない方法を知っています。そのため、自己処理を行うよりも肌トラブルが少なくいざというときにプロにアドバイスを貰える脱毛サロンやクリニックでの施術をおすすめします。

夏に重宝するOラインの脱毛効果

Oラインとは肛門付近を取り囲んだ周辺のデリケートゾーンのことを指し、女性でも毛深い人はムダ毛が生えていることが珍しくありません。そんなOラインのムダ毛が気になる人におすすめなのはクリニックでの脱毛です。

下着や水着からはみ出てしまう毛を防ぐことができる

特に夏場など肌の露出が増えて水着やプールなどのレジャーを楽しみたい時にはOラインを整えておくことは沢山のメリットをもたらします。

例えば夏場にデリケートゾーンの脱毛をするのは、汗や湿気で蒸れやすい下着の中を快適にする効果が期待できます。

また、布地面積の少ない水着や下着を着用した時にムダ毛がはみでるのを防ぐことが出来るため、ファッションやレジャーを気持ちよく楽しむことが出来るでしょう。

夏になる前に専門クリニックでOライン脱毛を始めましょう

夏にOラインをすっきりさせたいならば、最低でも三ヶ月から半年程度前から脱毛を受けておく必要があるため、秋口頃からクリニックに通って脱毛を受ける計画を立てると良いでしょう。

Oラインは自分では目視する事が難しく、セルフケアをするとケガをする恐れがあるため、脱毛は専門のクリニックで行うのが安心で確実性があるでしょう。そのため、夏場までにOラインなどのデリケートゾーンを綺麗にしたかったら、早めの行動を行うとおすすめです。