Oラインの脱毛は普通、VIOのセットメニューの一つとして行なわれます。便宜上VIOと分けても本来はアンダーヘアは連続して生えています。

これをことさら分けて考えるのには二つの意味があります。

Vライン・Iライン・Oラインを分ける意味

それぞれの部位を脱毛する目的

一つは目的です。Vラインが下着や水着からヘアがはみ出さないようにするための審美的動機で行なわれるのに対し、IラインとOラインは生理やおりもの・汗がもたらす雑菌の繁殖やにおいの発生を低減する、またトイレの後の下着汚れやにおい移りを軽減するのが目的であるという点です。

皮膚の特徴が違う

そしてもう一つは、皮膚の質の違いです。Vラインはごく普通の皮膚と変わりませんが、IラインとOラインとでは、内側に寄れば寄るほど粘膜質になり、施術に関してはより強い痛みが発生するという問題があります。

Oライン脱毛の格好は恥ずかしい?

基本的にはうつ伏せ

さて、痛みの感受というのはVIO脱毛の施術を受けるのにデリケートかつ不安な問題ですが、もうひとつはやはり局部を人前にさらすという羞恥心の問題もあるのではないでしょうか。

Oラインの施術では、うつ伏せになり、脚をやや広げて腰を浮かせるという格好をとることになります。これは非常に無防備な姿勢で、やはり恥ずかしいという気持を強く持つはずです。

恥ずかしくても、メリットが多いOライン脱毛

VIO脱毛の施術をすませると非常に快適であるというのはもはや常識といってよいのですが、費用や痛みの問題と併せて施術を受ける時の格好が恥ずかしいという問題がネックになると考えられます。

それは確かにその通りなのですが、施術体験者の口コミなどをインターネットで参照すれば、こんなに快適なのであればもっと速くから施術を受ければ良かった、という好意的な感想が圧倒的多数を占めるため、施術の時の格好の恥ずかしさなどは、ほとんど問題にされていないことが分かります。

サロンでのOラインの脱毛について

サロンで施術する安心感

Oライン脱毛とは、肛門周辺のムダ毛を処理することをさします。この部位のケアは、自助処理では難しいので、サロンで行うと安心です。このサイトでも、Oライン脱毛におすすめの人気サロンをランキングしていますのでチェックしてみるとよいでしょう。

他人に見られると恥ずかしい部位ではありますが、スタッフはあらゆるパーツのお手入れに慣れているので、信頼して任せることができます。

Oラインの脱毛の施術方法

Oラインの脱毛に適した施術方法には、ライトを照射して、発毛のもとになる細胞にダメージを与える光脱毛とレーザー脱毛、そして、毛穴に針を刺して電気を流し、発毛組織を凝固させるニードル脱毛があります。痛みが少なく肌に優しいのは、光やレーザーを用いたお手入れです。

永続性の高いニードル脱毛

ただし、粘膜やシミの上には照射できないので、その場合は、一本ずつを確実に処理でき、永続性の高いニードル方法が理想的です。いずれの方法でも、サロンでは、使い捨ての紙ショーツに履き替えて、うつぶせになった状態で、施術を受けます。

サロンでOライン脱毛する回数の目安

毛が生え変えかわる毛周期にタイミングを合わせて、ケアすることによって、だんだんと毛が細く抜けやすくなり、やがて生えてこなくなります。必要な回数は、それぞれの毛質にもよりますが、4~8回が目安です。

Oラインのお手入れが完了すれば、衛生的になり、お尻周りを清潔に保つことができます。

セルフでOラインの脱毛ができるケノン

近頃は、ワキや腕、足などの見えるところだけでなく、VIOラインなどの見えない部分の処理をする人も増えてきました。

セクシーなラインの下着をきれいに着こなせるだけでなく、衛生面においても清潔にできるというメリットもあります。

Oラインを処理する時は出力低めから始めましょう

美しい仕上がりにするには、エステサロンやクリニックで、プロの手によって施術してもらうのがベストですが、家庭用脱毛器ケノンを使用すれば、セルフでもOラインの処理ができます。

ケノンを使ってOラインの脱毛をする場合は、デリケートな部分であるため、出力を低めに設定します。早く終わらせようと思って、最初から高い出力に設定すると、炎症を起こしてしまう可能性もあります。

出力を上げたい時は、様子を見ながら少しずつレベルを上げていきます。

粘膜には当てないように気を付けましょう

しかし、ケノンはエステサロンで使用されている光脱毛と同じ原理のマシンなので、粘膜の脱毛には向いていません。

色素沈着や、肌のトラブルを起こさないためにも、鏡を下に置き、Oラインのムダ毛を確認しながら、粘膜を避けて行うことが重要です。

Oラインは人に施術してもらうのが恥ずかしく感じられるデリケートな部分であるため、ケノンを使って自分でできるという選択肢があるのは素晴らしいことです。

脱毛は女性の身だしなみの一つです

ムダ毛の処理をすることは、女性の身だしなみの一つといえます。自宅でできる処理の方法としては、カミソリで剃ることやワックスで除毛することなどが挙げられますが、これは肌に大きな負担をかけてしまう方法です。

安全に、効果の高い脱毛を行いたいという場合には、エステサロンやクリニックなどでの処理をおすすめします。

専門機関で処理をすることによって、しっかり処理できるとともに、自己処理の手間がなくなり、肌へ負担をかけないなどのメリットを得られます。

エステサロンの光脱毛は痛みが少なくて受けやすい

エステサロンで行われる脱毛とは、特殊な光を使った処理になります。特殊な光を肌に照射することによって、光をムダ毛のメラニン色素に反応させて熱エネルギーに変換することによって、毛根などを壊して処理していきます。

エステで行うメリットとしては、料金が比較的安く、光の出力が弱めのため痛みが少ないということが挙げられます。

様々なエステサロンで行なわれている施術のため、体験キャンペーンなどを利用して自分に合ったエステサロンを選んでいくことがオススメです。

クリニックの強みは万が一のトラブルでもすぐに対処できること

クリニックで行われるのは、医療用レーザーを使ったレーザー脱毛になります。基本的な仕組みは光脱毛と同じですが、レーザーの方が出力が高いためその分短期間に施術を終わらせることができます。

出力が強い分だけ、痛みもありますが麻酔などをするためあまり痛みは気にしなくても良いとされています。また、料金は比較的高いですが、その分衛生面が高く、万が一トラブルになった場合でもすぐに医師に対処してもらえます。

エステサロンもクリニックもメリットとデメリットがあるため、自分に合った方法で行うことが大切です。

Oラインの脱毛と日焼けとの関係

Oラインは非常にデリケートな部分なので、自己処理がとても難しい部位です。ムダ毛が気になるのなら、サロンやクリニックで脱毛をしてもらうと良いでしょう。

日焼けだけでなく色素沈着にも注意が必要

脱毛をする際に気を付けなければいけないのは、日焼けです。光脱毛やレーザーによる施術は、肌の色よりも暗い色である毛やメラニン色素に反応して、熱を加えます。

この時、肌が日焼けをしていると、熱が加えられる箇所が増えてしまい、普段よりも強い痛みを感じる危険性があります。また、範囲が広がると力が分散されて、効果が薄くなってしまう事もあります。

Oライン近辺は、普通の生活をしていれば、日焼けをする事がない場所です。しかし、刺激やホルモンバランスの崩れなどによって、色素沈着を起こしてしまっている場合があります。

脱毛施術前は肌に負担をかけることはなるべく避ける

色素沈着は多くの人にあるものですが、ひどい人は、日焼けと同じような肌の色になっているため、施術を受ける際には注意が必要です。

Oラインの脱毛を受ける前に、施術をする場所への刺激をなるべく少なくする生活をしましょう。強い摩擦や、毛の自己処理はなるべく控えるようにすると、色素沈着を和らげる事ができます。無駄なく脱毛し、理想の肌を手に入れるため、肌の状態にも注意を払いましょう。

ほくろを保護しながらのOライン脱毛

Oラインは、自分でケアをするのが難しい部位のひとつです。肛門まわりをさします。そのため、脱毛をする場合には、サロンや医療機関で行なうことをおすすめします。

サロンの脱毛施術はほくろをシールで貼って保護をします

一般的に、サロンで使われている光やレーザーなどは、黒いものに反応する仕組みとなっています。そのため、ほくろや古傷がある場合は、シールなどを貼って保護する場合があります。

ほくろ部分にのみシールを貼るため、お肌をいためることなく、Oラインの脱毛をすることができます。自分では確認することができない場合でも、施術者が確認してくれるので安心して施術にのぞむことができます。

デリケートゾーンを清潔に保つためOラインの脱毛は大事

Oラインは、基本的に、粘膜をさけて行ないます。お肌の状態や毛の状態を見て、粘膜まで施術が可能な医療機関もありますので、カウンセリング時に相談してみると良いでしょう。

また、生理時以外は施術を行なうことができます。回数を重ねる度に、無駄毛は薄く、細くなっていくため、自己処理が楽になります。完了後は下着のムレの予防や、水着や小さな下着も安心して着ることができます。

また、排泄物が無駄毛につくのを防ぐことができるため、デリケートゾーンを常に清潔に保つことができるのもOライン脱毛の魅力のひとつとなっています。